食の宿 霧多布里へようこそ!

自然が生み出してくれている、天然な素材を、

天然な味で提供しています。

霧多布里は全館禁煙です。喫煙は、外となります。

美味しく・楽しく・のんびり・自然・元氣に

霧多布里では、浜中町の命名の元となるアイヌ語のオタノシケ(浜の中)にちなんで、美味しく、楽しく、のんびり過ごし、自然を満喫して、元氣になって帰っていただきたいと願っています。

 

多彩な夕食のメニュー

霧多布では、湿原・北太平洋の荒波・海霧・流氷などの自然が、様々な魚介類や天然の昆布を美味しく育てています。

その素材を、寿司・刺身・鍋など様々な形で、料理に生かし、たっぷり味わって頂ける様、色々な夕食のコースを用意して、食いしん坊の宿主は、皆様をお待ちしています。

 

霧多布のホッキ貝
私は最高に美味しいと思っています。
 
残念なのは、ホッキ漁の期間は、
3月中旬からゴールでウィーク明けぐらいまでで、
夏のシーズン中は、生で提供できないことです。
 
そこで、ホッキの漁期間中は、
出来るだけホッキを味わって頂くために、
ホッキ尽くしコース 夕食代 3,500円(税別)
ホッキ飯コース 2,500円(税別)
の2種類を用意します。
 
ホッキ尽くしには、ホッキ貝の握り、生・茹で・炙りの3種握りや、
刺身、ホッキフライなどを用意します。
 
ホッキ飯コースは、
ホッキ飯に刺身などを用意します。
 
是非、霧多布のホッキを堪能してください。
 
あわせて、青柳も美味しいです。
ただ、青柳は入荷する日が限られますので、
生を提供できる日は限られます。
 
でも、生のナメロウはたまりません。
 
写真は、コースの内容ではありません。御参考までに!

宿の仲間の会です。

良かったらご参考に!

霧多布湿原の最高の楽しみ方は、カヤックでの散歩

霧多布里では、カヌー・乗馬・トレッキング・探鳥・無人島など様々な体験を、ご紹介しています。

特に、宿主のお勧めは、目線の低いカヤックでの霧多布湿原散歩をお勧めします。