オタノシケの「お」は、美味しさたっぷり!

霧多布の自然は、

美味しい食材をたっぷり与えてくれます。

食いしん坊の宿主は、それらを充分に生かしたご飯作って待っています。

 

夕食

 

霧多布里では、宿主が東京時代、寿司屋に縁が在った事から、

基本、夕食には握りの『たっぷり寿司』を用意してきました。

しかし、それでは霧多布の素材を活かしきれません。

そこで、ご予算に応じて、ご希望に応じて、

様々な夕食のコースを用意しています。

せっかくの機会なので、じっくり考えて夕食をお選びください。

 

夕食には、霧多布産の天然昆布と

霧多布里産の喜昆布多(よろこ豚)との煮物

喜昆布多煮が定番です。