発酵に目覚めたお客さん

1年半ぶりにきていただきました。五人娘と握りを楽しんで頂きました。

今回の旅では、発酵をテーマにされているそうです。

五人娘とその後持ってこられた赤薩摩を頂き、ゆっくりお話が出来ました。

今日は、別海のバイオマスメタンガス発酵の現場を見てこられたそうで、その匂いの酷さを伺いました。

身体にしみこむような匂いで、気を使ってゆうゆに入ってから、宿に来られました。

たぶんメタンガス発酵は臭いと思っていましたが、かなりのようです。

そもそも、発酵菌ではメタンガスは出ないので、腐敗分解だけど、メタンガスが人に約に立つということで、発酵といっているだけでしょう。

大体、どのバイオマスも5年くらいで使えなくなり放置されているのが現状のようです。

やっぱり、バイオマスは、反対します。